ごあいさつ

弊社は昭和3年(1928年)創業、餡を造っている会社です。製餡業発祥の地 ≪静岡≫において餡造りを営むこと80年余り、『あん』にこだわり続けてまいりました。

先人より受け継いだ伝統・技術に加え、時代のニーズに合わせた新たな技術・商品作りに日々取り組んでおります。しかしながら現在の食品業界を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。これから益々安心・安全な商品を求められていく中、さまざまな問題にいち早く応えるべく弊社では常日頃より、社員一丸となり品質の向上、衛生管理の改善に取り組んでいます。

『これからの食品メーカーのあるべき姿とは』を常に念頭に置いた経営方針で臨むとともにこれからも安心・安全を第一に魅力ある商品をお客様にご提供できる餡造りの会社であり、社員一人一人が開拓者・挑戦者でありたいと考えておりますので更なるご支援、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

小沼製餡株式会社

取締役会長 小沼 章雄

取締役会長 小沼 章雄

会社概要

常に消費者のニーズを考え、安全で安心できる食品のご提供を心がけ、 いち早くお応えするべく常日頃より社員一丸となり品質の向上、衛生管理の徹底を推めております。

会社名 小沼製餡株式会社
本社所在地 静岡県静岡市駿河区南町4−26 (地図
電話番号 054-282-3076
FAX番号 054-282-5942
代表取締役 古川 祐子
資本金 1,000万円
創業 昭和3年(1928年)
法人設立 昭和33年(1958年)
社員数 33名(男性 16名/女性17名) 平成25年12月現在
取引銀行 静岡銀行 清水銀行
社屋・工場 本社工場 敷地面積 約600㎡ 延床面積 約650㎡
新工場  敷地面積 約500㎡ 延床面積 約850㎡
倉庫   敷地面積 約200㎡ 延床面積 約120㎡
駐車場  約200㎡
生産品目 生あん 自社11品目/練あん 約80品目
甘なっとう12品目/ゼリー8品目
羊羹19品目/和菓子8品目
購入原材料 北海道産小豆・北海道産隠元豆・輸入小豆・輸入隠元豆・砂糖・液糖・その他

ページの先頭へ

沿革

昭和 3年 1月、静岡市南町にて先代小沼両一が小沼製餡所を創業
昭和15年 食料統制令指定業者になるも、戦時下においても継続
昭和20年 空襲にて工場喪失
昭和24年 事業再開
昭和33年 事業拡大を図り株式会社に組織を変更 資本金650万円
昭和44年 本社ビル工場が完成
昭和52年 高松宮宣仁親王より第19回全国菓子大博覧会名誉総裁功労賞を受賞
昭和53年 厚生大臣より食品衛生優良施設として厚生大臣賞受賞
昭和60年 本社ビル改修・増築
平成 元年 全自動ゼリー充填機導入
平成 2年 加糖餡自動充填機(中型縦ピロー)1号機導入
平成 4年 全自動羊羹充填機導入
平成 7年 資本金1,000万円に増資
平成 9年 中国天津市に関連会社、天津静岡食品有限公司(資本金50万ドル)設立
創業70周年記念事業の一環として静岡市泉町に新工場完成。10年1月より稼働
平成11年 加糖餡自動充填機(大型縦ピロー)2号機導入
平成12年 加糖餡自動充填機(中型、小型縦ピロー)3号機、4号機導入
平成18年 和菓子部門設立 羊羹、和菓子など製造を本格的に始める
平成22年 配送車に冷蔵車を導入(4月、6月)
需要に伴い和菓子工場を増設(8月)
社内14カ所にカメラを設置し安全管理の強化を図る(12月)

ページの先頭へ